チュウサギ

チュウサギ。ペリカン目サギ科アオサギ属。

野鳥の写真を撮り始める前は、白い鷺は白鷺の一種類かと思っていた。
大中小の白鷺がいて、それぞれダイサギ、チュウサギ、コサギと言う種類だと言うことを、最近になって知った。

今日、いつもの散歩道にある遊水池で、コサギだと思って写真を撮った。
シャッターを切った瞬間に、待てよ、と思った。足から足先まで黒い。確かコサギは足先の方が黄色い。黒いのはダイサギだけど、そこまで大きくない。

チュウサギ(2019年4月28日)
コサギ(2019年3月2日)

チュウサギとコサギの違いは、一目瞭然。クチバシと足先の色が反対。

ダイサギ(2018年12月24日)

ダイサギは大きさがかなり違っているけれど、クチバシと足先の色はチュウサギに似ている。
おまけに亜種でダイチュウサギと言うのがいるらしい。

区別があるのは、冬季にクチバシが黄色く先だけ黒いのがチュウサギで、全体が黄色いのはダイサギらしい。
口角が目の後ろまで来ているのがダイサギで、目の端辺りまでなのがチュウサギらしい。

写真を拡大してみたりして、今のところチュウサギだろうと言うことにしておこうと思う。次に出会ったら、もっと写真を撮っておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です